パリ旅行記(後編)

paris2 eye-catch フランス

みなさんこんにちはRay(@___ARTH___)です。

今回は後編です。 前編をチェックしていない方は、是非前編もチェックしてみてください。

今回は、エッフェル塔モルマントルの丘、そして、少しパリからは離れますが、ヴェルサイユ宮殿の3本立てで紹介していきたいと思います。 

エッフェル塔

まずはエッフェル塔。 

凱旋門を後にして、エッフェル塔まで約20分ほどかかり、到着。

エッフェル塔に近づいてくると、ちょうど夕日もあってとても美しいエッフェル塔を拝むことができました。 

Eiffel tower and sunset

夕日とエッフェル塔のコラボってとっても美しい。。

僕と夕日とエッフェル塔」っていうテーマの写真も撮りましたが、今回は省略。

モルマントルの丘

日が変わりまして、モルマントルの丘にいきました。

パリ市内より、少し電車に揺られ、駅を降り、少し歩くと、丘の上に大きな教会が見えます。

Montmartre

この日は天気にも恵まれ、青い空に教会が浮かび上がって見えます。

これは丘の上を上がって残り少しの階段と教会が見えますが、実際は結構な丘の上にあって階段を登らなくてはなので、老若男女が息を切らしながら登っていました。

モルマントルの丘はパリで一番高い丘だそうで、丘の上からはパリを一望することが出来ました。

view from montmartre

逆光で少しわかりにくいかもしれませんが、このようにパリ市内が見渡せます。 

エッフェル塔は見えませんでしたが、もしかしたら遠くに微かに見える時もあるのかもしれません。

上から景色を見てわかったのはめっちゃ晴れてても空気があまり綺麗ではないのか、クリアには街は見えなかったことです。 確かに、パリ市内はお世辞にも良い空気とは言えませんでしたね。

後ろを振り返れば、先ほど写真にも登場した、サクレ・クール寺院を見ることができます。

Montmartre 2

この寺院歴史がありそうに見えますが、着工が1877年、完成が1941年と、まだ100年の歴史もない寺院なのです。 

この辺りを歩いていると、画家のような人が「blondie ! lemme draw ya ! (そこの金髪お兄さん、君の絵書かせて!)」と話しかけてきます。 詐欺とかじゃなくて、実際に書いてくれるのですが、お金かかるのでスルーしました。 
実際に書いてもらってる人もいましたが、うまいのかな。。?  見ていないのでよくわかりませんが、お金があれば書いてもらうのもいいアイデアかもしれません。 

街角には絵画店がポツポツあって、良いお値段で色々な絵が売っていました。 

クレープをつまみ、めっちゃ話しかけてくる画家さんを華麗にスルーしつつ街を回りました。 

ヴェルサイユ宮殿

お待たせしました。

次は、ヴェルサイユ宮殿です。

宮殿を訪れたのはまた後日なのですが、朝開く時間の9時に到着し、全て見終わって帰ったのは2時前くらいだったので、5時間ほど見学にかかりました。 そのくらい大きな宮殿です。

パリから電車で30分ほどだったと思います。

歴史については、有名なので避けますが、wikiのページでも貼っておきます。

ヴェルサイユ宮殿

Palais de Versailles entrance

入り口はこんな感じ。 朝9時前にきたのにも関わらず少し列ができていました。 

並ばずに入れるチケットもあるらしいのですが、先着30人の枠をオンラインで取ることができず、早めに到着して待つという選択をしました。

冬のフランスは空気が冷たく、凍えながら待つこと約20分、やっと中に入ることができました。

音声ガイド付きの入場チケットで18ユーロだったと思います。

広い宮殿の中は豪華絢爛で、歩いていて飽きることがありませんでした。音声ガイドを聴きながら歩くと、1つ1つの部屋の説明をしてくれるので、非常に面白いです。

有名な鏡の間で1枚。 

Palais de Versailles mirrors

宮殿の外に出ると広い庭が広がっています。

宮殿本館から、マリーアントワネットが住んでいた離れまで歩くのに15分から20分ほどかかった記憶があります。 

とても寒かったので途中でホットワインを飲んで休憩しながら、歩いて向かいました。

Palais de Versailles outside

もう少し暖かくなったら、庭を満喫できそうです。

最後に宮殿内の一室で撮ったいい写真。

Palais de Versailles and statue

宮殿に行ったらこのスポットを探して見てください!

まとめ

今回のパリ(ヴェルサイユ)旅では6つのことを紹介しましたが、他にもたくさんパリには魅力的な場所があるので、1回にステイで全てを網羅するのは非常に難しいと実感しました。 

今回は冬の旅で結構寒かったのですが、春先などに旅をするともう少し快適だったかなと思います。

街並みもイギリスとは違った雰囲気で、胸が高鳴ったのを覚えています。

余談ですが、ヴェルサイユ宮殿見学の途中から、体調が優れなかったのですが、その夜牡蠣が原因と思われる体調不良を起こしてしまいました。

牡蠣の食べ過ぎには注意しましょう!

次回のブログでは旅ブログ2カ国目のアムステルダムの紹介をします。 お楽しみに! 

では!

コメント

タイトルとURLをコピーしました